知っておこう!就職活動で大切なこと

MENU

就職活動のいろいろなマナー

 

就職活動中のマナーについてはいろいろと今までにも触れてきたと思いますが、基本的なマナーについて紹介したいと思います。たとえば、就職活動中で冬にコートやマフラーをつけていた時の脱ぐタイミングなども知りたいのではないでしょうか。セミナーや会社訪問などでビルに入っている会社に行った場合には、ビルの外からコートやマフラーは取るのかそれともフロアについてからでいいのかということは迷っている人も多いと思います。まず就職活動はスーツが基本でコートを着ていたりレインコートやマフラーを着ている場合でも、きちんとしたスーツになってからビルにはいるようにするのがマナーです。意外とビルのフロアで脱いでコートを手に持っている人は多いようですがビルにはいる前からきちんとした格好で行った方がいいですね。また逆に、夏場で暑くてもスーツの上着を着なければいけないのかと思っている人もいると思います。上着はなくてはいけないということはありませんが出来れば着て行った方がいいですね。社会人になったら暑くてもビジネスマンはみんなスーツの上着を着用して営業などもしていると思います。就職活動で使っている鞄がブランドのものであった場合には印象が悪いのかどうかという問題もよく悩むそうですが、あまりにもロゴマークなどが目立っているようなブランドでいやらしくなっているのでしたら面接に通りたければ避けた方がいいかもしれませんね。

 

身だしなみの面では人事の担当者が就職活動をしている人のどこを見ているのかというとシャツはパリッとアイロンがかけられているのかどうか、靴下はちゃんとスーツにあっているものを履いているのか、ズボンの折り目はきっちりとついているのか、靴は綺麗かどうかなどをチェックしています。ですから就職活動をしていく際には、身だしなみの面ではこれらのことを気をつけつつ活動を続けた方がいいですね。直接就職の合否に身だしなみがかかわることもあります。身だしなみを見れば、その人の人柄や性格がわかってしまいますから、どんなに勉強をしていてもスキルを持っていても身だしなみがちゃんとしていなければそれだけで判断されてしまいますからそれでは残念すぎますよね。ですから、身だしなみについてもしっかりとしておく必要があります。このようにビジネスマンの卵として就職活動をしていく上でのいろいろなマナーがありますから注意した方がいいのではないでしょうか。

就職活動とコミュニケーション

 

就職活動とコミュニケーションについて紹介したいと思います。就職活動中に必要なスキルや技術というのは色々とありますが一番大切なのはコミュニケーションだといわれていますがご存知でしょうか?大手の企業などでも90パーセントの企業がコミュニケーション能力を重視しているといわれています。面接などの選考の際に一番重視しているのがコミュニケーション能力といわれていますが、選考試験に通るか通らないか、就職できるか就職できないかはコミュニケーション能力にかかっているといってもいいということになりますね。コミュニケーション能力とはでは具体的にはどんなことなのかというと、上手に話ができるとか、ひとの話をしっかり聞くことができるということだけではりません。就職の際に必要になってくるコミュニケーション能力としては読み書きも含まれて情報をいかに伝達するスキルが身についているのか、ひとの表情や行動、しぐさからその人の感情や今肝上げていることを読み取って表現するという力をすべてひっくるめてコミュニケーション能力と読んでいるのです。コミュニケーション能力がついているのか見極めるために就職の際にはエントリーシートがあったり面接があったりしているわけなのです。具体的に、質問されたことを理解してそれに対していちんと話ができるのか、話して書くという力が身についているのか、それを就職の採用試験ではチェックしています。

 

企業はいかにその人にコミュニケーション能力が備わっているのかをチェックしているわけですがやはり企業側としても就職してからすぐに仕事に慣れてもらうためには最低限のコミュニケーション能力が必要であると考えていますし、コミュニケーション能力が優れていればお得先へいっても頑張って仕事ができるとも考えているからです。もしも就職活動をしていて自分にはコミュニケーション能力が足りない、苦手であると思った場合には、あきらめずに、苦手だからあきらめるのではなくてコミュニケーション能力を上げることを考えましょう。大学の就職講座などではコミュニケーションスキルアップ講座を開講しているところもありますし、就職応援サイトなどでも、コミュニケーションスキルをアップさせるためのノウハウを教えてくれているところもあります。ですから自分でコミュニケーション能力をアップさせるために色々と方法を考えて本番に臨まなければいけないのではないでしょうか。

就職活動とメール

就職活動の際には最近ではメールを送ることも少なくないですね。就職活動でメールを送る際のマナーについて紹介したいと思います。まず就職活動のメールで抑える必要のあるポイントは全部で5つです。件名を書く場合には、そのメールの内容がわかるようなメールの件名にしておきましょう。たとえば会社資料を送付してもらいたいという内容のメールだった場合には「資料送付のお願い」といったようにメールを見なくても要件がわかるようにしておくというのは大切なことです。そして相手からのメールに就職活動中に変身をするときには、件名をそのままにした方がいいでしょう。新たな内容でメールをする場合には新しく件名を変える必要がありますが、流れというものがありますからそのままにしておくのがいいのではないでしょうか。そして本文ですが左上には、就職活動でお世話になっている人の名前や人事採用課といった部署と名前を書くようにします。そして何か添付ファイルを送るというときには、先に先方に了解を得てから送るようにしましょう。そしてこれは就職活動に関してだけでなくメール全般に言えることなのですがCCやBCCを使い分けてメールを送るようにします。そしてメールの一番最後には署名をつけるようにするのが就職活動中のメールのマナーではないでしょうか。

 

ではここで一番就職活動でメールを送る際の送る機会が多いと思われている資料請求のメールの本文の書き方を紹介したいと思います。まず件名は「資料請求のお願い」とします。そして就職活動先の会社名の担当者の人の名前がわかるならそれを書きます。そして「突然のメールで失礼いたします」から本文を始めて就職活動をしているどこの大学のだれなのか名乗りましょう。そして資料請求をお願いして送り先を書いておきます。そして重複してもかまいませんから署名を利用するようにしてアドレスや電話番号などもわかるようにしておくといいかもしれませんね。これが就職活動中に一番よく送るメールではないかといわれている資料請求のメールです。意外とこのメールは多く利用すると思いますから慣れてくるとすぐに打てるようになると思います。メールであっても失礼に当たることのないようにきちんとマナーをわきまえて就職活動中にはメールを送るようにしなければメールの送り方一つでもしかすると書類選考で落ちてしまうということもあるかもしれませんから注意しなければいけませんね。